空箱や洋服の断捨離で身も心もスッキリした

断捨離をする前は、いらないだろうというものであってもいつか使うかもしれないと思いついつい取っておいてしまう、そんな典型的な性格をしていました。

 

しかしそんなことをしているうちに、決して広くはない部屋がどんどんもので埋まっていきってしまったため、思い切って断捨離に挑戦してみることにしたのです。

 

まず手を付けたのが空箱の整理でした。実は家電などの箱をいつか売ることがあるかもしれないと思い取っておく癖があります。

 

しかしたいてい最後まで使い潰してしまうので、結局あとで処分することも珍しくないのでした。今あるものもどうせまた売ることはないだろうと思ったので、心を鬼にして処分しました。これだけでもだいぶ部屋がスッキリしたものです。

 

次に整理したのは服です。服は好みの周期もあるので、一番捨てづらいかもしれません。

 

しかしワンシーズン着なかったものはきっと次のシーズンも着ないだろうと考えて捨てることにしました。中には購入したのに一度も袖を通していないものなどもあり、もっときちんと吟味して購入しようと心に誓ったのでした。

 

その日はそれだけでほぼ1日を費やしてしまったのですが、ものを処分していくうちにだんだんともったいないという気持ちが少しずつ薄らいでいくのがわかりました。言い方を変えるならば、捨てるのが楽しいと思えてきたのです。

 

それからというものの、なるべくものを増やさないように心がけるようになりました。断捨離は物理的なものだけでなく、精神的にもスッキリできる良いものなのだなと実感した経験でした。

TOPへ