引っ越しを機に夫の荷物を半分以上断捨離してスッキリ

結婚してから初めて住んだマンションは、賃貸でしたが凄く部屋数がありました。二人で住むには、凄く広くてついつい調子に乗ってモノが増えていきました。

 

元々一人暮らしをしていた夫は、典型的な捨てられない男で、モノに愛着を抱くタイプなので30年物の枕やアイロン、など壊れるまで使う所は偉いなと思うのですが、もう絶対に使わないと思われるものも大切に取っておくのでそういうものが場所を取っているのを常日頃ストレスに感じていました。

 

子供が産まれて新しい家に引っ越すときには、3つあるうちの一つの部屋は、物置小屋になっていました。引っ越しの見積もりを取ってもらった時に思いました。この部屋の荷物を新しい家に持ち込まないと決めたのです。

 

その日から、嫌がる夫を説得して週末ごとに、断捨離を開始しました。断捨離すると運気が良くなると良く聞くのでその効果も期待していました。

 

とにかく、その物置部屋は、殆ど夫の荷物だったので、夫に仕分けをしてもらう必要がありました。私から見れば全てゴミでも人のモノを勝手に捨てるのはダメなのです。

 

初めは、色々と文句を言われましたが、何とか半分以上断捨離が出来特に場所を取っていた初めて買ってもらったけどもう使わないオーディオは、思い出に写真を撮って粗大ごみに出しました。

 

終わってみると本当に心もスッキリしました。いつも心のどこかで、この不用品のスペース分も家賃を払っていると思っていたのでしょうか。新しい家に引っ越しても、引っ越し前にかなり断捨離を終えていたので引っ越し後の荷物の片付けがかなり楽に出来たのも良かったです。

TOPへ