断捨離で物を処分するときに便利なサイト!

断捨離で本やDVDなどを処分する場合、買取店まで持っていくのが手間ですよね。

 

そこで、おすすめなのが宅配便で買取りをしている買取店を利用することです!

 

ここの「古本買取店25社徹底比較|本を売るならネット宅配買取が絶対おすすめ!」では、買取店の宅配買取サービスを紹介しているサイトです。

 

本やDVD・ゲームの買取金額が高い買取店も掲載しているので見てみてください!

夫婦の性格にも良い変化が生まれた断捨離に感謝

私の両親、特に母親が綺麗好きでいつも実家の中はピカピカに掃除されて整理整頓も行き届いていました。そのような環境で生まれ育ったためか、私もごく自然と小学生の頃から身の回りをしっかりと片付けながら生活していました。

 

ところが結婚すると、妻は物が捨てられない性格だとわかり、住居の中に物が溢れてどんどん手狭になっていったのです。

 

初めの5年間ほどは賃貸マンションで暮らしていたのですが、クローゼットの中はあっという間にいっぱいになり、挙句の果てにはベランダにまで物を置く始末。「要らないものは処分しようよ」と声をかけましたが、「全部使う」と反論されて何も言えず。ゴミ屋敷というわけではなくある程度片付いていたので、単に物が多いという状況でした。

 

その後、戸建てを購入することとなりました。マンションより部屋数も多いですし庭には物置を設置するので、この狭苦しい状況から抜け出せると喜んだのですが、それはとんでもない早とちりでした。

 

子供が成長していくと、おもちゃはもちろんのこと学校やスポーツ活動の道具が増えて行き、5年もすると廊下や階段にまで物が置かれるようになっていったのです。

 

ずっと我慢していましたが、このままでは収拾がつかないと思い、妻と真剣に話し合いました。断捨離の本を購入して自分がまず読み、それを妻へ渡して読んでもらうことから着手。

 

私が発言しても感情的になって上手く事が運ばないだろうと考えてのことでした。第三者が書いた本なので妻も冷静に受け止めることができたらしく、断捨離を決行することが決まりました。

 

断捨離を行ったのは戸建てに引っ越してから7年目。夫婦で決めたルールは、「3年間使用してないものは捨てよう」というものでした。

 

思い出に残るものは別として、衣類や靴、バッグ、食器や本などについて、ここ3年間で一度も使用しなかったものから処分することにしたのです。

 

すると出てくるわ出てくるわで、私も妻もびっくり。パッと見ですが、全体の荷物のうち6〜7割程度の物が断捨離に該当。お互いに出したものを最終的に二人で確認して、分別処分することに。

 

燃やせるゴミが圧倒的に多かったので、車で20分ほどのところにある市の処分場へワンボックスカーで運び込んで焼却してもらいましたが、1度では積み切れず3回も車を満杯にしての作業となりました。

 

断捨離後には「新築の時にこんなに広かったんだな」と妻と顔を見合わせて笑ったほど。部屋1つがまるまる空いて、クローゼットや物置もスッカスカの状態になりました。

 

それまでは物が多くて何か探し物をするときに大変でしたし、いつも圧迫感があってイライラすることも。部屋の中が広くなってきちんと整理整頓もでき、心が安定したのか家族の笑顔が戻ってきたように感じています。断捨離は家の中だけではなく心の中まで綺麗にしてくれます。その後は、1つ買ったら1つ捨てようという我が家独自のルールを忠実に守っています。

断捨離をする前は、いらないだろうというものであってもいつか使うかもしれないと思いついつい取っておいてしまう、そんな典型的な性格をしていました。しかしそんなことをしているうちに、決して広くはない部屋がどんどんもので埋まっていきってしまったため...

これまで私は本を読むのが趣味でした。長編小説を読みふけったり、専門書を買って読み続けたり、時には漫画や雑誌も買い集めました。10年以上そのような生活をしていたため、いつしか部屋の中は本で埋め尽くされてしまったのです。長年かけて集めた本は自分...

結婚してから初めて住んだマンションは、賃貸でしたが凄く部屋数がありました。二人で住むには、凄く広くてついつい調子に乗ってモノが増えていきました。元々一人暮らしをしていた夫は、典型的な捨てられない男で、モノに愛着を抱くタイプなので30年物の枕...

3年前に1年間単身赴任をしたことがあります。その前にも単身赴任経験があったのですが、その時は電気製品や寝具を全て購入して持ち込みました。しかし、その時の仮住まいでは、平日に帰宅しても、ただ寝るためだけの生活だったのです。せっかく購入した家電...

TOPへ